円形脱毛症の女性が注意したいこと

円形脱毛症の女性が注意したいこと

脱毛の症状が男性に多いことから、円形脱毛症も男性に多い脱毛と思っている人が多いようです。しかし、円形脱毛症は男女・年齢の別なく関係のある症状です。

 

ただ、円形脱毛症ではないのに円形脱毛症と勘違いしてしまっている人もいます。正しい知識をできるだけ仕入れるようにして、円形脱毛症とそうではない脱毛を区別して考えましょう。

 

女性の場合、出産後に髪の毛が抜けやすくなるという現象が起こることがあります。これを円形脱毛症と思い込んでしまう人がいるようですが、出産後の脱毛は一時的なものです。

 

円形脱毛症の場合も多くは一時的な症状ですが、原因となるストレスや生活習慣が改善されないと脱毛も減っていきません。「髪は女の命」と言われるように、髪を洗ったりとかしたりする際に抜け毛が多いと不安になるでしょう。

 

出産後の抜け毛の場合は、抜けている部分の境界線がわかりにくいため、本人には抜け毛が多くなっているのがわかりにくい場合が多いのです。その点が、円形脱毛症との違いの一つといえるでしょう。

 

円形脱毛症の抜け毛は、脱毛してしまった周りが簡単に抜け落ちる状態になっています。少し引っ張っただけでも痛みもなくすぐに抜けてしまう脱毛は、円形脱毛症の疑いが強いと考えてよいでしょう。

 

男性に比べると髪が長い場合が多い女性には、髪をゴムで結ぶ人もいるでしょう。髪をきつく結びすぎてしまうと、頭皮の血行に影響して抜け毛につながることがあります。

 

円形脱毛症になっていると気付かずに強く髪を結んでしまい頭皮に刺激を与えてしまうと、脱毛の範囲が広がってしまうかもしれません。ブラッシングをする際にも、なるべく刺激を与えないようにすることが大切です。

メニュー
最新記事