しわに効く目元美容液ランキング!口コミ人気はどれ?

しわの目元美容液ランキング!口コミで人気なのは

目のくまといろいろな病気

 

目の下のくまといえば、疲れや寝不足が原因で起こるとずっといわれていましたが、実はそうだとばかりもいえません。場合によっては何かの病気が隠れていることを示しているのサインである可能性もあるのです。

 

青くまは血行不良によって起こるもので、これは疲れなどが原因で出やすい目のくまで、私たちが考える目くまといえばこれです。しかし、このくまには病気が原因で現れることもあるので注意が必要です。

 

たとえば、血液中の鉄分が不足することによって起こる鉄欠乏性貧血であれば、血行が悪くなることで赤黒い色をした還元ヘモグロビンが停滞し、目の下に青くまとなって現れることがあります。解消のためには当然休養ではなく鉄分が必要で、程度がひどい場合には医療機関で内服薬を処方してもらうなどが必要になります。

 

また、喉にある甲状腺で作られる甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気がバセドウ病で、このバセドウ病の症状として眼球の突出があります。この眼球の突出があると、黒くまが出る場合があります。

 

バセドウ病の症状としてはそうした目くまの他にも、甲状腺が腫れて大きくなる甲状腺腫、頻脈、多汗、倦怠感、手指の震え、体重減少などが次々で増すから、いくつかの症状に心当たりがある場合は早めに医療機関で検査を受けましょう。

 

また、解毒作用や老廃物を排除し血液をキレイにする役割をもっている肝臓・腎臓に病気があることで血流が滞り、目の下にくまができる場合もあります。病気とまではいかない場合でも、アルコールや甘いものなど、臓器を疲れさせているようなものは摂取を控えて、生活や食習慣の改善を図ることが大切です。

 

そして、うつ病になることで両目と口の周りが青白くなり、それによって青くまが目立つケースもあります。自律神経が異常を起こすことによって血行不良を起こしてしまっている場合に起こります。

 

アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎でも、目のまわり全体がくすむ場合があります。目の周りがデリケートになっているときにアレルゲンによって炎症が起こると色素沈着が起こりやすくなります。

 

この場合は放っておくとシミが深刻になってしまうので、早めに医療機関を受診して、皮膚炎やアレルギーの治療をしながら表皮のバリア機能をケアによって高めることが重要です。

 

 

目元のシワに効果のあるツボは?

 

目の周囲には実はツボがたくさんあって、これらはシワの改善にも効果的です。シワに効果が見られる代表的なツボを紹介したいと思います。

 

球後(きゅうご)は下まぶたの真ん中と、目尻の間にあるツボで、ここは循環を正常にする効果が期待できますから、目のシワやたるみに効果が見られます。巡りがよくなることによって、目の周りがむくみがちな方にも効果を発揮します。

 

太陽(たいよう)は有名なこめかみ部分のツボで、ここは眼精疲労や頭痛、目元のクマなどに効果があると言われています。仕事で目を酷使する人は休憩中に一押ししましょう。また、糸竹空(しちくくう)は眉毛の外側にあるツボで、充血、疲労、そして目尻のシワなどに効果を発揮してくれます。

 

鼻側の眉毛の始まる場所の下にあるくぼみ部分にあるツボは攅竹(さんちく)と呼ばれます。ここは眼病予防や老眼、疲れ目などに効果があります。体内では、目の周りの血行を促進する働きがあり、目尻のシワにも有効だと考えられます。

 

これらのツボはやさしくなでるように押すのが基本となります。目の周りのデリケートな部分を扱いますから、いろんなツボをもっと知りたいという場合や、灸をすえてみたいという場合は専門家と相談してからにすると良いでしょう。

 

また、目の周囲はシワだけでなくてシミ、そばかすも出やすい部分で、特に力を入れてケアしていきたい部分です。ですから、目元専用パックや目元に効く美容液、温め用アイマスクなどの商品も多く出ていますから、これらもうまく活用して日々のケアを行っていきましょう。

 

ただ、加齢によってできるものですから、あまりにも敵視してしまうとストレスの原因になってしまいますから、あくまでほどほどに。年月を重ねたからこそできる優しいシワも、きっと表情をいっそう魅力的に見せてくれるものになってくれるはずなのです。

 

こめかみリフトってどういう施術?

 

目元は非常に皮膚が薄く、いろんな肌トラブルが見られる要注意ポイントですが、目尻からこめかみにできるシワを「カラスの足跡」と呼んだりします。

 

また、目尻のたるみなども解消したいと思っている人は多いと思うのですが、これらの解消に用いられる施術方法で「こめかみリフト」と呼ばれるものがありますが、これはいったいどのようなものなのでしょうか。

 

こめかみリフトは、その名の通り、こめかみ付近の生え際または髪の毛の生えている部分の頭皮を切開した後、皮膚と皮膚の中の筋膜を斜め後ろに引き上げ、縫合する手術です。

 

切開するので多少の痛みがありますが、髪の毛の生えている部分や生え際を切開するために傷口が目立ちにくく、また腫れも少ないことから外観上の悪影響が少ないと言われています。このこめかみリフトによって、たるんで下がってしまった、眉や目尻のラインを上向きにすることが可能です。

 

こめかみを引き上げた時には、頬も一緒に持ち上がるのが手で押してみてもわかると思いますが、これを手術によって内部で行うわけです。これによってほうれい線の改善も見られます。

 

こめかみリフトの手術に要する時間はクリニックによって多少差はあるものの、1時間から1時間半ほどが目安と言われています。術後には止血のために、バンドを用いて圧迫処置を2時間程度行いますので、全体にかかる時間としては3時間程度と考えておきましょう。

 

手術を行った日からシャワーは可能ですが、切開部を濡らさないように注意する必要があります。入浴や洗髪は3日目あたりからとなりますので、できれば外出の必要がない連休前などに行いたいですね。メイクについては、ポイントメイクなら当日から、フルメイクなら翌日から可能とされています。

 

基本的に術後の3〜5日は包帯または専用のバンドで圧迫をしながら止血に注意を払います。何かの折に出血する可能性がありますから、しっかりと止血をしなければならないとされています。

 

術後に患部が少々腫れますが、その具合は人によって様々で、たいていの場合は、腫れは3日ほどでほとんど治まります。そして術後3日ほどでガーゼ交換、1週間ほどで抜糸を行うことができます。

 

高熱によって子供が作れなくなる?

 

大人になってから高熱を出してしまうと、子供を作れなくなるという話を聞いたことがありますか?これは迷信などではなく、実際に科学的にも裏づけのある話で、男性不妊の原因には実際こういった高熱を伴った病気が背景にあることがあるのです。

 

大人になってからおたふく風邪やはしかにかかり、長期間に渡って高熱が続くと、その合併症として精巣炎が起こり、男性不妊症の原因となってしまうことがあります。この精巣炎(睾丸炎)は精巣に炎症が起こる症状で、男性の造精機能に障害が残る可能性があります。

 

高熱によって必ず精巣炎が起こるとは限りませんし、影響があったとしても必ずしも不妊の状況にまで至るわけではありませんが、精子は熱に弱い性質があるがために精子の質や量に多少の悪影響は避けられないと考えられます。

 

精子や精液は、もともと熱に弱いために、睾丸は体の外側でなるべく温度を低めに保つようになっています。そして皮が伸縮しながら熱を守ったり放出したりしているのですね。

 

しかしながら、高温環境で作業をせざるを得ない、製鉄所などで働く人や、工場内勤務で特定の仕事についている人、高い火力で料理をし続ける料理人や、溶接工などの職業の人は慢性的に高熱にさらされるために、陰嚢においても温度も高くなりやすいと言われています。ひとつの職業病のようなものと考えている方もいるそうです。

 

同様の考えでいくと、長時間のサウナや長風呂も気をつけるようにした方が良さそうですね。こちらも>>>http://xn--88j8du21lwjctw4d.jp/

 

飛蚊症と視力の関係

 

視界が明るい状況だと見つけやすい飛蚊症という症状。視界に虫のようなもの、ごみのようなもの、見えるものは人によって様々ですが視線を動かそうと瞬きしようと消えることのない浮遊物です。そんな飛蚊症と視力低下にはどんな関係があるのか?

 

飛蚊症には2種類あり、生理的飛蚊症と病的飛蚊症があります。生理的はおもに老化が原因とされ、加齢によってあらわれた飛蚊症というのは基本治療の必要はなく視力への影響もありません。

 

一方、眼内でトラブルがおきたことによる病的飛蚊症は視力への影響がみられることが有ります。例として挙げられるのはぶどう膜炎。血管が多い部分でありその組織に炎症がおこることをそう呼びます。ぶどう膜炎は網膜と接しているため網膜への影響も考えられなくはなく、視力低下や飛蚊症…場合によっては失明にいたることさえあります。

 

こちらも参考に⇒飛蚊症に効くサプリメント@飛蚊症にルテインが良い!

 

更新履歴

メニュー